金・宝石・ブランド買取なら高価買取専門店「まねきや」へ

金・宝石・ブランド買取なら
高価買取専門店「まねきや」へ

フリーダイヤルアイコン0120-213-213

受付時間 9:00〜21:00 ※LINE査定は24H受信可

AACD
プライバシーマーク
  • tel icon
  • line icon
  • privacy icon
受付 9時~21時  ※LINE査定は24H受信可

エブリン買取

エブリン買取

エルメスのエブリンは、カジュアルに使いこなせるショルダーバッグです。エブリンは以前、高級馬具工房として展開していた当時のデザインディレクター、エブリン・ベルトランから名付けられました。エブリンは馬の蹄鉄をイメージして作った、縦長の楕円形フォルムが印象的。この独特の形は、馬用のブラシといったお手入れ製品を入れるために考えられたものです。デザインの特徴は、頭文字のHを大きくパンチングしたデザイン。一目でエルメスとわかる風格と、レザーならではのエレガンスとカジュアルが融合したバッグです。軽くて頑丈なうえ、収納力が高い機能性は幅広い世代に支持されています。ショルダーバッグとして女性だけでなく、男性にも愛用者がおり、特にもっとも大きいGMサイズはビジネスバッグにも人気があります。エブリンはこれまで3パターンのモデルが登場し、毎回改良を重ねてきました。Ⅰ(アン)は、ショルダー調節機能と外ポケットがないシンプルデザイン。そして2006年には外ポケットを追加して、小物の収納力をアップしたⅡが登場。最新モデルのⅢは、ショルダーベルトの長さ調節ができるため、クロスショルダーとして着用できます。エルメスのバッグは1つずつ職人による手作りのため、需要に対する生産数が追いついていない状況です。好みのエブリンの素材とカラーに出会ったら、早めに入手することをおすすめします。

エブリン買取実績一覧

エブリンの人気ランキング

1 位:

2 位:

3 位:

1 位:

2 位:

3 位:

エルメスの人気ランキング

1位:バーキン

2位:ケリー

3位:ガーデンパーティ

4位:エブリン

5位:ボリード

6位:ピコタンロック

7位:バッグ

8位:ケリーウォレット

9位:ケリーウォレット

10位:ケリーウォッチ

11位:クリッパー

12位:エルメスカレ

1位:バーキン

2位:ケリー

3位:ガーデンパーティ

4位:エブリン

5位:ボリード

6位:ピコタンロック

7位:バッグ

8位:ケリーウォレット

9位:ケリーウォレット

10位:ケリーウォッチ

11位:クリッパー

12位:エルメスカレ

エブリンとは

エブリンは 1978 年に登場した、40 年以上の歴史を誇るエルメスのショルダーバッグです。当時馬具工房だったときからのデザインディレクターとして活躍していた、エブリン・ベルトランによってデザインされたバッグで、縦に少し長く角が丸くなった独自のシルエットは馬の蹄鉄をイメージしたもの。コンパクトなマチにバッグのすっきりとしたフォルムは体にフィットしやすいように考えられています。さらに正面にあるHを丸で囲ったパンチングは、バッグに湿気がこもらないように通気口としての役割を持っています。初期のデザインはショルダーの長さの調整ができず、中にポケットがついたシンプルなデザインが特徴。そしてエブリンⅡは外ポケットがつき、現行モデルのエブリンⅢは 2014 年に登場したショルダーベルトの調整が可能になり、さらに機能性が向上しました。

お客様レビュー

女性(51歳) 売却モデル名:エブリンⅢ

使わなくなったエブリンを手放したくて売却先を探していました。まねきやのサイトを見るとほかと比べて買取価格が高かったため、査定してもらったところ思ったより高値で買い取ってもらえて満足です。

女性(50歳) 売却モデル名:エブリンロング

長年愛用していた長財布だったので買い取ってもらえるか不安でしたが、想像よりも高い査定価格で驚きました。また機会があればまねきやさんにブランド品を売ろうと思い ます。

女性(49歳) 売却モデル名:エブリンⅡ

古いエブリンが見つかったので売却することに。レザーが多少傷んでいましたが、十分な買取価格をつけていただき満足のいく売却ができました。

エブリンシリーズの歴史

1978年 エブリンⅠ(アン)が登場

エブリンの最初のモデルであるエブリンⅠが発売開始。当時エルメスの馬具部門で活躍したデザイナーが手掛けたショルダーバッグで、縦長で角が丸いデザインは馬の蹄に装着する蹄鉄をイメージしたデザインです。体にフィットしやすいように計算されたデザインと、ショルダーバッグならではの携帯性の高さが人気を集めました。

2006年 エブリンⅡ(ドゥ)が登場

2 代目のエブリンであるエブリンⅡは、バックポケットを追加したマイナーチェンジモデルです。ポケットと仕切りがないシンプルなエブリンの機能性が向上しました。この時点ではショルダーベルトの長さ調整はできないことが特徴です。

2010 年 新型のエブリンが登場

2009 年から徐々に新型のエブリンが登場し、2010 年になると完全に新型のみの販売に。旧型は三重ストラップでしたが、新型は二重ストラップに変わりました。また、2010 年から新型のエブリンにはストラップの部分にエルメスの刻印が入り、2011 年からはほぼ全てのエブリンに刻印されるようになり、ストラップと刻印の有無で旧型と新型を判断できます。

2014 年 エブリンⅢ(トロワ)が登場

エブリンⅢはショルダーベルトの長さが調整できるように進化した、現行モデルです。現在エルメスの正規店では、最新モデルのエブリンⅢのみが流通しています。中古市場では今でもⅠ(アン)、Ⅱ(ドゥ)ともに人気があります。

エブリンの人気の素材

トリヨンクレマス

エブリンのレザーの中でも、キズや擦れに強く使い込むほどなじんでいく素材として人気のトリヨンクレマス。やわらかくしっとりした見た目の雄牛のレザーで、トリヨンが誕生した当時から定番の素材として愛されています。

トワルアッシュ

トワルアッシュは 2 色の糸を平織りして作られる、エルメスオリジナルのキャンバス素材です。ていねいに織り込まれた木綿や麻を使って作られたトワルアッシュは耐久性が高く、 レザーとも相性抜群。エブリンではフチとショルダーの部分にレザーを使った異素材のデザインが人気です。

エプソン

エプソンは張りがあり、かっちりした印象のレザー。見た目は重厚感がありますが、実際手にしてみると軽く持ち歩きやすいところが魅力です。

フェルト

ふんわりとした素材感と、非常に軽量で持ち運びしやすい素材として人気のフェルト。あたたかみを感じる見た目と、ソフトな手触りを楽しめるウール素材で、秋や冬のファッショ ンと相性抜群です。

エブリンの系譜

エブリンⅠ
製造期間 1978 年

初期に製造されたエブリンは、エブリンⅠ(アン)と呼ばれています。シンプルな構造で外ポケットがなく、ショルダーベルトの長さ調節ができません。その代わりに唯一内ポケッ トがついているデザインがエブリンⅠの特徴です。

エブリンⅡ
製造期間 2006 年

内ポケットがなくなり、背中側に外ポケットがついたデザインが特徴。2005 年頃からエブリンⅡが作られ始め、2006 年になると正規店にあるほとんどがエブリンⅡに変更されました。

エブリンⅢ
製造期間 2014 年~

2014 年に登場した現行モデル。ショルダーベルトの長さが調整できるため、持ち主の身長や好みに合わせてショルダーの長さを変えられます。コーディネートに合わせてショルダーを短くすれば、メッセンジャーバッグのように変えることもできれば、ハンドバッグのように短く携帯することも可能です。

エブリン・ロング
製造期間 2000 年頃~

エブリンの大胆なパンチングを全体に施した長財布です。カードポケットが 12 個付属しており、現金もカードもたっぷりと持ち歩けるデザインが魅力です。

エブリン・コンパクト
製造期間 2000 年頃~

長方形と正方形の 2 つのデザインが用意された、薄型の財布です。お札とカードの収納が可能で、コインケースがありません。カードケースの数が多いため、普段あまり現金を使わないキャッシュレス決済の方におすすめです。

エブリン・コインケース
製造期間 2000 年頃~

楕円形のコンパクトなコインケースに、パンチングが大きくあしらわれた大胆なデザイン。幅 11.5cm の片手になじむサイズで、小銭だけをスマートに持ち運べます。コインケースがないエブリンコンパクトといっしょに持ち歩くスタイルが人気です。

エブリンに関する豆知識

4 サイズを展開している

エブリンは横幅 18cm、高さ 20cm のコンパクトなミニバッグ TPM と、スタンダードな幅 30cm の PM、男性に人気の幅 33cm の GM があります。さらに PM と GM の間に位置する縦 3ⅡCM の MM、もっとも大きい縦 38cm のエブリンは、A4 サイズもすっぽりと収納できる大型サイズです。特に日本人女性の間では PM が人気で、B5 サイズが収納できるデイリー使いにちょうど良い大きさです。

エブリンの財布も人気

エブリンはショルダーバッグだけでなく、パンチングを活かした財布も販売されています。長財布とお札入れ、コインケースの 3 つのタイプが販売されており、どれも正面には大きなパンチングによってエルメスの「H」が刻まれているデザインが印象的です。エブリンとセットで使っている方も多く、エブリンらしい個性と、シンプルで収納力が高い機能性の高さが支持されています。

年式で異なる刻印の位置

エブリンは年式によって、刻印の位置が異なります。刻印は製造したアトリエや職人、年数がわかる数字とアルファベットで構成されたもの。初期のエブリンはストラップ付け根のレザーに彫りこまれており、外側から見えることが特徴です。エブリンⅡからはベルトの裏側に刻印されているため、表から見えないという違いがあります。職人によって刻印の位置が異なるため、まれですがエブリンⅡ以降もストラップの付け根のレザーに刻印があることもあります。

ベルトカラーが異なるレアなエブリンがある

エブリンは通常、ワンカラーのオールレザーのデザインか、フチとショルダーがレザー、本体部分がキャンバスを使ったツートンカラーのデザインが定番です。その中でも希少なデザインとして、ショルダーベルト部分に 2 色、3 色を使ったストライプデザインのユニークなエブリンも販売されてきました。エブリンアマゾンや、ストラップがジグザグの模様になったエブリンジグザグなど、ショルダーベルトを活かした個性的なデザインがあり、めったにお目にかかれないレアなエブリンとして人気を博しています。