金・宝石・ブランド買取なら高価買取専門店「まねきや」へ

金・宝石・ブランド買取なら
高価買取専門店「まねきや」へ

フリーダイヤルアイコン0120-213-213

受付時間 9:00〜21:00 ※LINE査定は24H受信可

AACD
プライバシーマーク
  • tel icon
  • line icon
  • privacy icon
受付 9時~21時  ※LINE査定は24H受信可

ガーデンパーティ買取

ガーデンパーティ買取

エルメスのガーデンパーティは、横長フォルムが印象的な人気のトートバッグです。もともと剪定ばさみなどのガーデニング用品を入れるために作られたバッグでしたが、その収納力とシンプルなデザインから今や世界中の人々に愛されています。ガーデンパーティの特徴は中の仕切りがないシンプルな構造であること。幅のある荷物も無理なく収納できるため、荷物が多い学生やオフィスウーマンに重宝されています。また、バッグの開閉部はスナップボタンで固定するタイプです。荷物をスムーズに出し入れできるため、マザーズバッグとしても高い人気があります。また、マチ部分はスナップボタンがついており、荷物が増えた際はボタンを外すとマチ幅が広がります。その時の荷物量に合わせて収納量を調節できる機能性も、ガーデンパーティが愛され続ける理由なのです。ガーデンパーティは素材のバリエーションも豊富。定番人気は、軽くて頑丈なキャンバス素材のトワルアッシュ。カジュアルに持ち運べるため、パンツスタイルなどのオフの日にも似合うエルメスです。水牛のヴォースイフト素材も、耐久性に優れている人気のガーデンパーティです。ほかにも、縦長バージョンのガーデンファイルや、ファスナーつきで中の荷物の落下を防げるガーデンジップも人気を集めています。

ガーデンパーティ買取実績一覧

ガーデンパーティの
人気ランキング

1 位:-

2 位:-

3 位:-

1 位:-

2 位:-

3 位:-

エルメスの人気ランキング

1位:バーキン

2位:ケリー

3位:ガーデンパーティ

4位:エブリン

5位:ボリード

6位:ピコタンロック

7位:バッグ

8位:ケリーウォレット

9位:ケリーウォレット

10位:ケリーウォッチ

11位:クリッパー

12位:エルメスカレ

1位:バーキン

2位:ケリー

3位:ガーデンパーティ

4位:エブリン

5位:ボリード

6位:ピコタンロック

7位:バッグ

8位:ケリーウォレット

9位:ケリーウォレット

10位:ケリーウォッチ

11位:クリッパー

12位:エルメスカレ

ガーデンパーティとは

ガーデンパーティは 1892 年に誕生したエルメスのトートバッグです。もともとは園芸道具を入れて持ち運ぶためのバッグとして作られた、中の仕切りがないシンプルな横長のデザインが特徴です。ガーデンパーティはハンドル部分と底マチ部分に頑丈なレザーを使用し、たくさんの荷物を入れて持ち運んでも耐えうる耐久性を誇っています。カジュアルなトートバッグでありながら、エレガントでエルメスらしい雰囲気を感じるガーデンパーティは、幅広いファッションに合わせやすく、通勤、通学、休日の買い物やレジャーまでさまざまなシーンに持っていきやすい手軽さが魅力です。数あるエルメスのバッグたちの中でも、比較的入手しやすい価格帯であること、カラーや素材が豊富であることから、多くの人が手にしやすいアイテムとして有名です。

お客様レビュー

女性(38歳) 売却モデル名:ガーデンツイリー

ガーデンツイリーを手放すことに決めて、高価買取してもらえるお店を探していました。エルメスの買取実績が豊富で、店頭買取してもらえるまねきやさんに決めました。思ったよりも高く買い取っていただけて良かったです。

女性(50歳) 売却モデル名:トワルアッシュ

長年使用していたガーデンパーティトワルアッシュを売却しました。多少の汚れがあり使用感があったものの、想像よりも高価買取してもらえて満足です。

女性(49歳) 売却モデル名:ガーデンジップ

ガーデンジップの買取を依頼しました。店頭でスタッフさんからていねいに買取価格の理由を説明してもらい、納得のうえ売却できました。

ガーデンパーティシリーズの歴史

1800年代 ガーデンパーティの前進であるガーデンが登場

ガーデンパーティの元となった、園芸用品を入れるガーデンが登場しました。大きく頑丈でさまざまな園芸用品を手軽に持ち運べるトートバッグ型が特徴です。エルメスのこだわりのレザーを使い、職人による丁寧な縫製は重い園芸用品も安心して持ち運べると庭師の間で話題になります。

1892年 ガーデンパーティが誕生

園芸用品用のバッグから、日常使い用のガーデンパーティが誕生しました。ガーデンパーティはサイズが豊富ですが、誕生当時は定番サイズの PM(横幅 36cm)など、B5 サイズが収納できる大きさが定番でした。現在ではミニサイズのガーデンパーティから、旅行バッグにも使用できる横幅 50cm のガーデンパーティも存在します。

2007 年 オールレザーのガーデンパーティが登場

キャンバス素材にレザーのハンドルとマチが定番だったガーデンパーティに、オールレザーが登場。異なる2色の糸を平織して作られるトワルアッシュは、キャンバス地でありつつも上品な雰囲気が魅力。オールレザーのガーデンパーティーはフォーマルな雰囲気があり、公私ともに活躍すると定番化しました。

ガーデンパーティのデザイン

トワルアッシュ
製造期間 1900 年代頃~

エルメスの H の文様を幾何学模様にならべた、六角形のデザインが特徴的なガーデンパーティ。カジュアルなイメージのキャンバス素材のガーデンパーティに、さらにエレガントな印象を与えています。

トワルモザイク
製造期間 1900 年代

キャンバス系のガーデンパーティの中でも、H モチーフが縦と横に折り重なったようなユニークなデザインが特徴。通常のキャンバスのガーデンパーティーとは異なる、どこかレトロでありながらスタイリッシュな模様が魅力です。

カマイユ
製造期間 2018 年

オールレザーのガーデンパーティ。外側は一色のシンプルなレザーですが、中にはカレに使用されている、馬鎧柄のカマイユがデザインされています。表と裏でまったく印象が異なり、シンプルな印象から中を覗くと個性的で華やかなデザインを楽しめる遊び心満点のガーデンパーティです。

スティープル

オールレザーのシンプルな一色のデザインで、中にはエルメスを象徴する馬のイラストが大胆に描かれています。オールレザーだからこそカジュアルになりすぎず、高級感のある印象が魅力です。

ネゴンダ

ガーデンパーティの中でも、仔牛の革であるネゴンダを使ったオールレザーバージョンです。カラーバリエーションが豊富で、定番人気のエトープといったブラウン系のカラーや、サクラなどカラフルで上品なエルメスらしいラインナップがそろっています。

ガーデンツイリー

ガーデンツイリーは表がオールレザーで、内側がツイリーのシルク仕立てになったデザインが特徴。同じデザインのツイリーがセットになっており、ガーデンパーティとツイリーを組み合わせた、エレガントで華やかな見た目が人気です。

ガーデンパーティの系譜

ガーデンパーティ ポケット
製造期間 2000 年代

フロントに仕切りポケットがついたデザインが特徴。鍵や定期などちょっとした荷物をポケットに収納できるため、通常のガーデンパーティーと比較して、さらに小物を整理しやすくなっています。付属のショルダーベルトを使えば、ショルダーバッグとしても携帯できる 2WAY 仕様です。

ガーデンパーティポーチ
製造期間 2010 年代

通常の逆台形のフォルムにハンドルがついたガーデンパーティーのハンドル部分がない、シンプルなポーチのデザインが特徴。クラッチバッグとして持ち運べるほか、バッグインバッグとして大きなバッグに収納する使い方も人気です。

ガーデンファイル
製造期間 2000 年代

縦長のシルエットが特徴のガーデンパーティー。縦に長いすっきりとしたフォルムだからこそ、横長の通常のガーデンパーティとは異なる魅力とスタイリッシュな雰囲気があります。雑誌などの書籍も収納しやすく、習い事や通学用バッグとしても人気があります。

ガーデンジップ
製造期間 2000 年代

ガーデンパーティーの上部にファスナーがついたデザイン。中の荷物が見えず、落とす心配がないため旅行中やたくさんの荷物を持ち運ぶ際も安心です。キーチェーンなどを止められる D カンの金具もバッグの内側に付属しており、アクティブな通勤、通学シーンにも最適なバッグです。

ガーデンパーティに関する豆知識

園芸用品を入れるバッグだった

ガーデンパーティは園芸用品を入れるために生み出されたバッグです。もともとエルメスは、レザーを使った高級馬具を手掛けており、耐久性と実用性を重視したアイテムを手掛けてきました。ガーデンパーティは重い園芸用品をすっきりと収納して持ち運ぶために作られたバッグです。横長で中の仕切りがないシンプルなデザインに、キャンバス素材を中心とした耐久性の高い素材で作られており、剪定ばさみなどの鋭利な小物も安全に持ち運べるトートバッグです。そんな園芸用のバッグを日常使いできるように、素材など細かい部分をリニューアルしたものがガーデンパーティ。時代を経て世界中の人々のライフスタイルになじむバッグとして愛されています。

使いやすいスナップボタン

ガーデンパーティの特徴は、開閉部分とバッグ上部の両脇についたスナップボタン。バッグの開閉部分の中央にあるスナップボタンは、留めると中の荷物が外に飛び出すことを防止できます。さらにバッグの両脇についているスナップボタンを留めることで、バッグ上部のマチ幅をコンパクトに調整できます。荷物が少ないときは両脇のボタンを留めて台形のフォルムとして持ち運び、荷物が多いときはスナップを外すと上部が広がり、逆台形のフォルムになります。荷物の量やそのときの気分、ファッションに合わせて違ったシルエットで楽しめるところもガーデンパーティの魅力です。

内側のレザー部分に刻印がある

ガーデンパーティはどの職人が何年に作ったのかわかる刻印が、内側のレザーの部分に記されています。エルメスは人気ブランドだからこそ偽物も多く流通しており、刻印があることで本物と判断する 1 つのポイントになっています。刻印は製造年をあらわすアルファベットと記号、アトリエと職人番号がわかる13ケタの数字が記されています。ガーデンパーティはレザーの細い部分に刻印があるため、数あるバッグの中でもやや小さく、気づかない方もいます。

ガーデンパーティの豊富なサイズ展開

ガーデンパーティは 5 サイズが展開されています。もっとも小さいサイズは横幅24cmのTTPM。スマートフォンや小銭入れなど、最低限の荷物を入れてアクセサリー感覚で持ち運びたい方におすすめです。ガーデンパーティの中で定番サイズとして、誕生当時から愛されている大きさが幅 36cmのPM。それよりも一回り大きい幅8cmのMMも、荷物を多く持ち運びたい方や、通勤、通学バッグに人気です。もっとも大きい旅行用サイズとして販売されているガーデンパーティが横幅50cmのGM ですが、あまり市場に出回っていないレアなアイテムです。