金・宝石・ブランド買取なら高価買取専門店「まねきや」へ

金・宝石・ブランド買取なら
高価買取専門店「まねきや」へ

フリーダイヤルアイコン0120-213-213

受付時間 9:00〜21:00 ※LINE査定は24H受信可

AACD
プライバシーマーク
  • tel icon
  • line icon
  • privacy icon
受付 9時~21時  ※LINE査定は24H受信可

ケリー買取

ケリー買取

エルメスのケリーバッグは1936年に誕生しました。生まれた当時はサック・ア・クロアと呼ばれていましたが、1955年頃にモナコ王妃のグレース・ケリーが、パパラッチから妊娠中のお腹をケリーで隠したことから、ケリーバッグと呼ばれるようになりました。ケリーバッグの特徴は、フラップがついている台形フォルムであること。シンプルなワンハンドルのかっちりしたフォーマルデザインで、冠婚葬祭からパーティー、スーツスタイルなどに似合います。さらに、バッグの中央にはカデナ(南京錠)がついており、バッグのアクセントとして品格を与えています。また、裁縫が内縫いと外縫いの2種類あることもケリーバッグの魅力です。内縫いは裁縫部分が表立って見えない仕上がりで、フェミニンでやわらかな印象です。外縫いのケリーバッグは、縫製が見える設計で、すっきりとスタイリッシュ。型崩れしづらく、床に自立できる点もケリーバッグの特徴です。外ポケットがないシンプルなデザインですが、25サイズ以上ではショルダーストラップが付属するため、肩がけで持ち運びできます。エルメスと言えば収納力に優れたダブルハンドルのバーキンが有名です。バーキンと並ぶ、エルメスを代表する上品バッグとして、ケリーバッグも世界中から愛される名品です。

ケリー買取実績一覧

ケリーの人気ランキング

1 位:-

2 位:-

3 位:-

1 位:-

2 位:-

3 位:-

エルメスの人気ランキング

1位:バーキン

2位:ケリー

3位:ガーデンパーティ

4位:エブリン

5位:ボリード

6位:ピコタンロック

7位:バッグ

8位:ケリーウォレット

9位:ケリーウォレット

10位:ケリーウォッチ

11位:クリッパー

12位:エルメスカレ

1位:バーキン

2位:ケリー

3位:ガーデンパーティ

4位:エブリン

5位:ボリード

6位:ピコタンロック

7位:バッグ

8位:ケリーウォレット

9位:ケリーウォレット

10位:ケリーウォッチ

11位:クリッパー

12位:エルメスカレ

ケリーとは

ケリーはバーキンに並ぶ世界的に高い人気を誇っている馬具です。ケリーは 1935 年に誕生したもの、当時はサック・ア・クロアという別名で呼ばれていました。しかし 1955 年頃に当時のモナコ王妃だったケリー皇女が、妊娠中のお腹を隠すためにサック・ア・クロアを使用した写真が話題に。そこから注目度が高まり。モナコ王妃の名前であるケリーに改名したのです。ケリーは外縫いと内縫いの 2 種類の表情を持ったエルメスではめずらしいバッグです。外縫いはすっきりとフォーマルな印象で、内縫いはやややわらかい印象に仕上がっています。ワンハンドルで余計な装飾品を省いたシンプルな台形シルエットはとても上品で、機能的なバッグです。ショルダーベルトをつけると、ショルダーバッグとしても使える 2WAY仕様になっていることもケリーが支持される理由の 1 つです。

お客様レビュー

女性(51歳) 売却モデル名:ケリー

愛用していたケリーバッグを売却しました。ややレザーがくたびれていたものの、細部までていねいに査定していただき十分に満足のいく買取価格でした。また機会があれば利用したいお店です。

男性(50歳) 売却モデル名:ケリーヴィブラート

エルメスの買取実績が豊富で、他店よりも高く買い取ってくれるとのことで査定を依頼しました。自分が想像していたよりも、高価買取していただき驚きです。またブランド品を売ることがあればよろしくお願いします。

男性(49歳) 売却モデル名:ケリーアド

ケリーアドを売却しました。スタッフの方がていねいに対応していただき、安心して売ることができて満足です。ブランド品を売るときはまたまねきやさんにお願いします!

ケリーシリーズの歴史

1892年 ケリーの原型「オータクロア」が誕生

当時馬具を作っていたエルメスが鞍と乗馬用ブーツを収納するために、オータクロアを作りました。自動車文化が浸透するにつれて馬具から、旅行用のバッグの製作に力を注いだエルメスはこのオータクロアをベースに、ケリーをはじめとするバッグを生み出すことになります。

1935年 「サック・ア・クロア」が誕生

後にケリーと呼ばれるバッグ、サック・ア・クロアが誕生。オータクロアよりも一回り小さく、現在のケリーでは横幅35cmサイズだったと言われています。ワンハンドルのエレガントなデザインで、かっちりとしたフォルムはパーティーシーンにもスーツスタイルにも合わせられる、洗練された雰囲気が魅力です。

1956 年 ケリーに改名される

モナコ王妃のケリー皇女がサック・ア・クロアを使った写真が話題になったことをきっかけに、当時の 4 代目エルメス社長のロベール・デュマが王室から正式な許可を得て、サック・ア・クロアをケリーに改名しました。装飾を一切省いたシンプルで、収納力がある機能的なケリーは世界中のセレブを魅了。誕生から80年以上経過した今も、女性が憧れるバッグとしてその人気を不動のものとしています。

2000 年 ユニークなケリードールが登場

ケリーはさまざまな形に派生していますが、その中でも特にユニークなアイテムとして根強い人気を誇っているケリードールが誕生。2000年のミレニアム記念に作られた、ケリーに手足と顔がついた人形のようなバッグです。サイズは横幅15cmととてもコンパクトで、そのまま飾ってもポーチとしても愛用できるかわいらしい見た目が瞬く間に話題に。今も中古市場で高い人気があります。

ケリーの系譜

ショルダーケリー
製造期間 1990 年代頃

持ち手が大きくなり、肩がけができるようになった横長フォルムのケリー。カジュアルな雰囲気は、ジーパンや T シャツといったラフなスタイルにも合わせやすく、すっきりした印象が人気です。

ケリースポーツ
製造期間 1990 年頃

ケリーのフラップをなくしてオープンにしたユニークなデザインのバッグ。ショルダータイプで装飾を最低限にしたデザインは、レトロな雰囲気が漂います。

ケリーアド
製造期間 1999 年頃

ケリーのリュックサックタイプ。ケリーのデザインはそのままに、やや縦長のフォルムでカジュアルに背負えるように工夫されたデザインが魅力です。

ケリーダンス
製造期間 2000 年頃

ベルトの通し方を変えると合計5通りの持ち方ができるケリー。ショルダーバッグ、ハンドバッグのほかにウエストバッグ、リュック、クラッチバッグの持ち方に変えられるため、シーンや気分に合わせて変身できるユニークなケリーです。

ケリーラキ
製造期間 2005 年頃

前面と背面にファスナーポケットがついた機能的なケリー。フラップを開けずとも、スマートフォンなどをすみやかに取り出せる利便性の高さが人気です。

チェリーニデュアル
製造期間 2008 年

フラップやハンドル部分がレザーで、ほかはピクニックバッグをイメージしたカゴになっているめずらしいケリー。現在では入手困難な希少モデルですが、さわやかで個性的なデザインは今も多くのファンがいます。

ケリーリラックス
製造期間 2010 年代頃

ケリー 40 よりもさらに一回り大きくした、横幅 50cm のビッグサイズのケリー。男性に人気があるサイズで、旅行バッグとしても活躍します。

ケリーカヴァルカドゥール
製造期間 2017 年~

カレやツイリーなどエルメスで人気のスカーフ柄を全面にあしらった、遊び心満点のケリー。初の全面プリント柄として話題になりました。

ケリーレター
製造期間 2018 年~

トリコロールのカラフルなケリー。「HERMES」の6文字をイメージした、合計6パターンが発売されました。トリコロールカラーでそれぞれのアルファベットが描かれています。

チェリーニデュアル
製造期間 2008 年頃

さまざまなカラーの山羊のレザーを重ねて、カットした断面を表地に使った独特の風合いのケリー。すでに廃盤になった素材ではありますが、その独特の立体感とカラーバリエーションの豊富さで、今も人気の素材です。

ケリーワッフル
製造期間 2000 年代頃

まるでお菓子のワッフルのような立体感のある見た目が印象的なケリー。レザーの中にワイヤーを挟み込むことで、格子柄を表現しています。

ソーケリー
製造期間 2000 年代頃

コンパクトな縦長のフォルムが特徴のシンプルなショルダー型のケリー。長さ調節できるストラップで、ハンドバッグとしても斜め掛けのショルダーバッグとしても使える2WAY仕様です。

ケリーカット
製造期間 2000 年代頃

ケリーをクラッチバッグタイプにした、横長のデザインが特徴のアイテムです。ポシェットケリーよりもさらに横に長いシルエットで、モダンでスタイリッシュな雰囲気が魅力です。

ポシェットケリー
製造期間 2000 年代頃

ケリーバッグをクラッチバッグにデザインした、すっきりとした印象のアイテム。ハンドルを引き出せばハンドバッグにも変わる、コンパクトにまとめられたデザインは今も高い人気があります。レザーやカラーバリエーションが豊富なケリーです。

ケリーに関する豆知識

外縫いと内縫いの 2 種類がある

ケリーにはエルメスのバッグの中でもめずらしい、外縫いと内縫いの2つの縫製から選択できるアイテムです。外縫いは名前のとおり、外から見たときにバッグの縫い目が見えるデザインで職人による美しいステッチそのものがバッグのアクセントとして個性を与えています。内縫いは外から見た際にステッチが見えないように内側で縫製されているため、端までレザー本来の美しい風合いを楽しめます。どちらも基本的なデザインは変わりませんが、縫製の違いによって外縫いはかっちりとフォーマルな印象があり、内縫いはさらにエレガントでフェミニンな印象が魅力。シーンや好みによって、外縫いと内縫いどちらを選ぶのか考えることもケリーを購入する楽しさの 1 つなのです。

ショルダーベルトをつけられる 2WAY 仕様

ケリーはワンハンドルのハンドバッグですが、ショルダーベルトがつけられる2WAY仕様です。パーティシーンや冠婚葬祭などのフォーマルな場面ではハンドバッグとして使用できると同時に、両手を使いたいアクティブな場面ではショルダーベルトをつけて肩にかける使い方が可能です。エルメスのバッグと言えば、ケリーと肩を並べるバーキンが有名。ケリーとはデザインに違いがあるだけでなく、バーキンはショルダーベルトが付属しない点も大きな違いです。

7 つのサイズを展開している

ケリーはサイズ展開が豊富で、コンパクトなサイズから男性にも人気がある大型のケリーまで選択できます。そのサイズのラインナップは 18、25、28、32、35、40、50 の合計 6つ。18cm はスマートフォンやハンカチなどの小物を収納できる、パーティーバッグとして人気があります。一方で横幅 50cm の大型のケリーは、旅行用のバッグや、男性の愛 用者が多い大きさです。ケリーはサイズのほか、ベースのフラップとクロアはそのままに、縦長や横長など豊富なデザインも展開。ハンドバッグだけでなくクラッチバッグや、リュックサックなど、多彩なラインナップはフォーマルな場面だけでなく毎日愛用できるカジュアルなシーンでも活躍します。

かわいらしいケリードール

エルメスはエレガントで気品あるアイテムを手掛けてきた一流ブランドです。そんなエルメスの中でも、遊び心があるアイテムとして世界中の人々の心を掴んだアイテムがケリードール。ケリードールは名前のとおり、ケリーバッグをドールにした人形のようなデザインが特徴です。コンパクトなケリーに手足と顔のパーツをつけた見た目は、エレガントなケリーのこれまでの印象とは異なるアイテムとして、大きな話題を集めました。2000年のミレニアム記念に発表されたアイテムで、現在まで新作は登場していませんが今もなおエルメス好きが憧れるアイテムとして、中古市場で高値で取り引きされています。