金・宝石・ブランド買取なら高価買取専門店「まねきや」へ

金・宝石・ブランド買取なら
高価買取専門店「まねきや」へ

フリーダイヤルアイコン0120-213-213

受付時間 9:00〜21:00 ※LINE査定は24H受信可

AACD
プライバシーマーク
  • tel icon
  • line icon
  • privacy icon
受付 9時~21時  ※LINE査定は24H受信可

ミルガウス買取

ミルガウス買取

オイスターパーペチュアル ミルガウスは、1956年に誕生した腕時計。「ミル」はフランス語で1,000を意味する言葉です。これは、最大1,000ガウスの磁場に耐える耐磁腕時計であることが名前の由来です。1950年代は技術革新が進み、磁場の影響を受ける作業環境で働くエンジニアが増加しました。そこでロレックスは磁場による腕時計の不具合を防ぐため、帯磁性を持つミルガウスを開発したのです。ミルガウスはオイスターケースの中に磁気シールドを取り入れ、さらに異なる強磁性を持つ合金で作られた2部品で、心臓部であるムーブメントを保護しています。裏面には、磁束密度の記号「B」の上に矢印が刻印されていることもミルガウスの特徴です。しかし、ミルガウスは限られたユーザーのための腕時計だったため、誕生から30年も経たずに生産が終了。そこから約20年後の2007年に、現行モデルである稲妻型の秒針を備えたミルガウスが復活を遂げました。ミルガウスの中でも、グリーンサファイア風防を採用したアミバーサリーモデルは、美しい配色とデザイン性の高さから、モデルの中でもトップの人気を誇っています。また、市場流通数が少ない初期モデルは、コレクターズアイテムとして年々相場が高騰中で、ヴィンテージロレックスを代表する幻のモデルです。

ミルガウス買取実績一覧

ミルガウスの人気ランキング
(2022年3月更新)

1 位:116400GV
(Z ブルーダイヤル)

2 位:116400GV
(黒文字盤)

3 位:116400
(白文字盤)

4 位:116400
(黒文字盤)

5 位:1019

1 位:116400GV
(Z ブルーダイヤル)

2 位:116400GV
(黒文字盤)

3 位:116400
(白文字盤)

4 位:116400
(黒文字盤)

5 位:1019

ロレックスの人気ランキング

1位:デイトナ

2位:サブマリーナ

3位:デイトジャスト

4位:GMTマスター

5位:エクスプローラー

6位:エアキング

7位:ミルガウス3

8位:デイデイト

9位:オイスターパーペチュアル

10位:ヨットマスター

11位:シードゥエラー

12位:チェリーニ

1位:デイトナ

2位:サブマリーナ

3位:デイトジャスト

4位:GMTマスター

5位:エクスプローラー

6位:エアキング

7位:ミルガウス3

8位:デイデイト

9位:オイスターパーペチュアル

10位:ヨットマスター

11位:シードゥエラー

12位:チェリーニ

ミルガウスとは

ミルガウスは 1956 年に誕生した腕時計です。ロレックスの中で唯一、耐磁性を重視した機能を持っています。ミルはフランス語で 1,000 を意味する言葉で、名前のとおり最大 1,000 ガウスもの強力な磁場に耐える性能を持っています。限られたユーザーに向けて作られた腕時計だったため、誕生から 2 世代で幕を下ろしました。しかし2007 年に再びミルガウスが復活。ブラックとホワイトダイヤルのデザインに、グリーンサファイア風防を採用した、記念モデルは高い人気を誇っています。初代や 2 代目の初期のモデルは流通量がとても少ないレアアイテム。今でもヴィンテージロレックスとして、愛好家たちが求めてやまない腕時計と言われています。

お客様レビュー

男性(40歳) 売却モデル名:116400GV(Zブルーダイヤル)

ミルガウスの現行モデルを売ることにしました。ロレックスの買取強化中とのことで、想定よりも高値で買い取っていただけて満足です。また機会があれば利用したいお店です。

男性(48歳) 売却モデル名:116400GV(黒文字盤)

複数のお店で査定してもらった中から、特に高値がついたまねきやにミルガウスを売りました。鑑定士さんも対応が丁寧で、質問にもわかりやすく回答していただきました。

男性(55歳) 売却モデル名:116400(白文字盤)

ロレックスのコレクションを手放すにあたって、キャンペーンを実施しているまねきやを選びました。宅配買取では頑丈なジュラルミンケースのキットが送られてきたので、安心して発送できました。査定額も満足のいく結果でした。

ミルガウスシリーズの歴史

1956年 ファーストモデルが誕生

物理学者や医師のために、耐磁性のある腕時計モデルとして誕生しました。ミルは1,000、ガウスは電磁単位を表した言葉で、1,000 ガウスもの耐磁性を誇っています。稲妻を模した秒針が特徴で、1 分単位の目盛りつきの回転ベゼルを備えています。

1960年代 セカンドモデルが販売

特徴的なイナズマ型の秒針が廃止され、デザインを一新したセカンドモデルが登場しました。ブラックとシルバーの 2 色を展開し、回転ベゼルもなくなりました。ムーブメントには耐久性と精度が向上した Cal.1580 を搭載しています。

1988 年 生産が終了する

ユーザー数が限られる腕時計だったため、生産終了が決定。初代、セカンドモデルともに流通量が少ないため、ロレックスのレアモデルとしてコレクターの間で注目を集めました。

2007 年 ミルガウスが復活

2000 年代に携帯電話の爆発的な普及をきっかけに、耐磁性がある腕時計の需要が高まりました。それにともない、ロレックスは 2005 年に独自機構であるパラクロム製ヒゲゼンマイを搭載したミルガウスを復活させることに。歴代モデルのデザインをベースに、最新技術を搭載したミルガウスとして話題になりました。

2015 年 ブラックダイヤルの 116400 が生産終了

2007 年に復活した 116400 は、ブラックダイヤルとホワイトダイヤルの 2 タイプがラインナップされていました。そのうちのブラックダイヤルの生産が終了しています。

2016 年 ホワイトダイヤルの 116400 が生産終了

ブラックダイヤルに続いてホワイトダイヤルの生産も終了。同じく 2007 年に登場したアニバーサリーモデル、116400GV のみが現行モデルとして販売されています。

ミルガウスの系譜

6541
製造期間 1956 年~ 1960 年代前半

1000ガウスの帯磁性を誇る腕時計として初代ミルガウスが誕生。ジグザグした形の秒針(通称イナズマ針)が特徴の腕時計です。ムーブメントはミルガウスのために作られたCal.1065M、1066M、1080 が搭載されていました。

1019
製造期間 1960 年代~ 1988 年

ミルガウスのセカンドモデル。イナズマ針とベゼルがなくなり、デザインが一新されました。ブラックとシルバーの 2 色のダイヤルモデルを展開。ムーブメントは Cal.1580 を搭載しています。

116400
製造期間 2007 年~ 2015・2016 年

生産終了から 20 年の時を経て復活したミルガウス。ホワイトとブラックの 2 色のダイヤルをラインナップしており、さらにケースサイズは 40mm にアップしました。

116400GV
製造期間 2007 年~

現存する唯一の現行モデル。グリーンサファイアクリスタルを採用したアニバーサリーモデルです。独自開発のパラクロム製ヒゲゼンマイで耐磁性が強化され、さらに強磁性合金製シールドで磁気から時計を守る、耐磁性を徹底的に重視したモデルです。

ミルガウスに関する豆知識

物理学者や医師のために作られた腕時計

ミルガウスは高性能磁気遮断システムを持った腕時計です。磁力遮断方法として、ミルガウスにはオイスターケースの中に磁気シールドを搭載。X 線や放射能を取り扱う医師や研究者のために作られました。ミルガウスが誕生する 1 年前の 1955 年は、あの有名な物理学者アインシュタインが亡くなった年でもあります。そんなアインシュタインの功績もミルガウスの開発のきっかけとなったと言われています。ミルガウスはロレックスが 2000 年代から開発した、帯磁性素材のパラクロム・ヘアスプリングを使用。X 線などの強力な磁力が発生する場でも正確な時を刻み続けるプロフェッショナル向けの腕時計として愛されています。

マニアに愛されるレアモデル

ミルガウスは耐磁性に優れた腕時計として、医師や物理学者、変電所などで働く方のために作られました。しかし、需要が限られていたため惜しまれながらも 1988 年に生産が終了。わずか 2 世代のモデルのみで市場から姿を消してしまいました。時代は流れ、携帯電話が世界中で普及し、電磁波による影響を受けづらい腕時計の需要が急速に高まったのです。そこで注目されたのがミルガウスでした。もともと優れた耐磁性を持っていたミルガウスは、携帯電話を所有する一般ユーザーの需要に応えられるモデルです。初代のイナズマ針を搭載した 3 代目モデルが、2007 年に登場して現在まで販売されています。

復活したイナズマ針

イナズマ針はミルガウスを象徴するデザインです。1970 年代に登場した 2 代目モデルでは一旦廃止されたものの、2007 年に復活を果たしたミルガウスの 3 代目モデルには初代と同じイナズマ針が採用されています。イナズマ針とは通称で、オレンジ色の秒針がギザギザになった独自のデザインを意味します。シンプルなデザインながら、イナズマ針が文字盤のアクセントとして一目でミルガウスだとわかる個性になっています。

プレミア価格の初代モデル

ミルガウスは製造された本数が少なく、一時は生産が終了してしまったモデルです。その中でも初代モデルである 6541 はプレミア価格がつく希少なロレックスに数えられています。イナズマ針に回転ベゼルがついたモデルは初代の 6541 だけ。スポーツウォッチを思わせるデザインと、レトロな雰囲気の文字盤は初代ミルガウスだけの魅力です。しかし、生産数自体が少なく状態の良いモデルは非常にめずらしいことから、なんと初代モデルは 1,000 万の値がつくこともあります。もし家族が所有していたミルガウスがあったら、当店へお売りくださいませ。