金・宝石・ブランド買取なら高価買取専門店「まねきや」へ

金・宝石・ブランド買取なら
高価買取専門店「まねきや」へ

フリーダイヤルアイコン0120-213-213

受付時間 9:00〜21:00 ※LINE査定は24H受信可

  • tel icon
  • line icon
  • privacy icon
受付 9時~21時  ※LINE査定は24H受信可

バーキンはなぜ高いのか?5つの理由の今後の価格について解説

2023.10.25

バーキンと言えば、世界中でもトップクラスの高さを誇る人気のレザーバッグです。

長年愛されているバーキンですが、なぜそもそもこんなに高額なのでしょうか?

この記事ではなぜバーキンが高いのか、5つの理由をご紹介します。また、今後バーキンの価格はどうなるのかについても解説します。

バーキンが高い5つの理由

バーキンが高い理由は、大きく分けて次の5つがあります。

職人による手作り

バーキンはすべて職人によって作られているもの。だからこそ、1つのバッグが仕上がるまでにかなりの時間がかかっています。

しかもバーキンを手がけられるのは、熟練の職人だけ。どれだけ買い求める方がいたとしても、生産できる数は限りがあるのです。バーキンは長年にわたって世界的な人気があります。

日本でもその人気は海外のハイブランドの中でも指折り。そのため、購入を希望する人がたくさんいるのです。

熟練の職人が一針一針丁寧に作っている分、値段もかなり高額なのです。

高級素材を使っている

エルメスは高級素材を使っており、材料費だけでも高額です。
もともとは馬具を手がけていたブランドのため、革の頑丈さなどの品質にとことんこだわっているのです。

バーキンはさまざまな素材があります。

・トゴ:雄仔牛のレザー。細かいシワ模様が特徴でハリがある。
・トリヨンクレマス:雄牛のレザー。シワ模様の目がトゴよりも大きく少し柔らかい質感が特徴。
・エプソン(ヴォー・エプソン):雄牛に細かい型押し加工をした素材。硬く頑丈で型崩れしづらい。
・ヴォー・スイフト:やわらかく発色がいい雄牛の素材

このように、定番のトゴを中心にやわらかさや模様が異なる素材がそろっています。

同じバーキンでも素材がちがうと、表情が全く違うところも人気の理由です。

アフターケアが手厚い

アフターケアが手厚いことも、エルメスの特徴です。

エルメスは一度購入したバッグなどのアイテムを、修理や部品の交換をしてくれます。職人の手作りと希少性の高さから、価格は高いものの一生にわたって使える確かなアイテムなのです。

たとえばバッグのファスナー交換、ステッチの修復やリカラーなど、職人の修復技術によってまるで新品のようによみがえるのです。

なんと専門スタッフが相談に乗り、バッグ1つ1つの状況に合わせて最適な修理方法を提案してくれる、アフターセールスカウンターという専門のサービスまで用意されているのです。

購入が困難

エルメスは購入することが難しいブランドです。単純にショップに出向いても、エルメスの人気のバッグがそのまま購入できるとは限りません。

常に世界的な在庫不足で、すべて職人の手作りだからこそ需要に対して供給が間に合っていない状況なのです。

それゆえに、エルメスでほしいバッグを手に入れるには、常連になるなど何度も通う熱意が必要な世界です。

常連になって頻繁に買い物している場合は、バーキンといった人気の品々を購入できる可能性があるのです。

新品でも中古でも希少性が高いバーキンは、多少年式が古くても需要が高いため高価買取が期待できます。

エルメスのアイテムはそのほとんどが、トレンドに左右されずに使えるものばかり。その中でもバーキンは永遠の定番として、世界で愛され続けているのです。

長い歴史が積み重なっている

エルメスは、1837年に創業した歴史あるハイブランドです。創業当時は高級馬具工房としてその歴史をスタートしました。

そして、バッグなどの今のファッション小物を制作するようになったのは1892年です。

1900年からファッションアイテムの制作もスタートしました。ナポレオン3世や、ロシア皇帝などといった要人やセレブも愛用した歴史があります。

その後もエルメスは王家やセレブに愛されるブランドとして、不動の地位を確立しました。今も日本を含めて世界中から憧れるブランドなのです。

バーキンの歴史とは

バーキンが誕生したきっかけは、とても運命的な出会いだったのです。それはエルメスの社長と、イギリスの女優であるジェーン・バーキンが偶然同じ飛行機に乗り合わせたことがきっかけです。

当時、バスケットに荷物をたくさん詰め込んでいたその様子を見て、すべての荷物が入る大きくておしゃれなバッグを作ってプレゼントすると約束したのです。

その中で生まれたバッグこそ、中に仕切りがなく荷物がたっぷりと入るバーキンだったのです。フォーマルでありながら、カジュアルなスタイルにも合うバーキンは、やがて一般販売がスタートしました。

ジェーン・バーキンのためのバッグだったため、その名前をつけてバッグを「バーキン」と呼ぶようになったのです。

バーキンの特徴

バーキンは収納力が高く、それでいて幅広いシーンに対応できるバッグである点が特徴です。

収納力が高い大きなバッグは、どうしてもトートバッグのようにカジュアルな印象になりがち。

しかし、バーキンは最高級レザーを贅沢に使い、エルメスこだわりのベルトや、金具のカデナ(鍵)などの金具を取り付けたデザインにより、しっかりとフォーマルな雰囲気があります。

フォーマルすぎないデザインだからこそ、カジュアルなデニムなどのスタイルにも合わせやすいのです。

さらにバーキンは耐久力が高いところも、長年愛されている理由です。頑丈なレザーにこだわって作られているバーキンは、荷物をたくさんいれても型崩れしづらいのです。

壊れにくい性質から、重い荷物を持ち運びたいときにも便利です。大型サイズのバーキンなら2〜3泊の旅行の荷物もしっかりとおさまるほど、容量にゆとりがあるのです。

さらにバッグの中が見えないようなフラップもついているため、防犯面でも安心できるうえ荷物が外に飛び出しません。

このような収納力とデザイン性、そして耐久性と、バッグに求める要素をすべて最高レベルでクリアしているアイテムこそがバーキンなのです。

バーキンのサイズ展開

バーキンには複数のサイズがあります。サイズが小さければフォーマルシーン向きのスタイルに。そして大きなサイズは実用的であり、カジュアルシーンにも合いやすい印象が魅力です。

それぞれのバーキンのサイズ別での特徴と魅力を見ていきましょう。

バーキン25

縦…約20cm
横…約25cm
奥行…約13cm

バーキンの中で小さいサイズが、バーキン25です。横幅25cmのバーキンは、上品で洗練された印象が魅力。

ディナーや食事会といった、パーティーシーンに近い場面で特に活躍するサイズ。荷物の収納は、スマホや小さめのポーチといった、普段使いに欠かせないものが入る程度です。

上品なデザインゆえに、サブバッグはできるだけ持たずに1つのミニバッグで行ける場所におすすめです。

コンパクトだからこそ、普段はあまり選ばないカラーも挑戦しやすいところが魅力です。

明るいカラーなどのバーキン25なら、スタイルの差し色になります。

バーキン30

縦…約22cm
横…約30cm
奥行…約16cm

日本人の体格にマッチするサイズといわれており、別名「ジャパニーズバーキン」と呼ばれています。
その名前のとおり、日本人の日常使いにとてもちょうど良いサイズです。

タブレットやB5サイズの書類などもおさまるサイズで、荷物が少ないビジネスシーンや普段のお出かけなどにおすすめです。

またコーディネートにも組み合わせやすいため、パーティーシーンからカジュアルなパンツスタイルにまでどんなシーンにも似合います。

日本で人気が高いサイズだからこそ、中古市場でも常に需要があるバーキンです。

バーキン35

縦…約25cm
横…約35cm
奥行…約18cm

バーキン35は海外で特に人気のサイズ。バーキンの中でも特に定番と言える大きさで、ノートパソコンやA4サイズの荷物がおさまります。

そのためビジネスシーンでも大活躍する大きさです。
小柄な日本人女性には少し大きいサイズですが、普段からたくさんの荷物を持ち運びたい方や、日帰り旅行用のバッグなどとして使い方におすすめです。

また、大きいサイズのバーキンはこなれ感を演出できるところも魅力。大きいバーキンに対して、スタイルはデニムやTシャツといったラフなスタイルに合わせると、まるで海外セレブのようなコーディネートが完成します。

 

バーキン40

縦…約30cm
横…約40cm
奥行…約21cm

バーキン40は、大きな資料もたっぷりと入るサイズです。

1泊や2泊の旅行の荷物の収納にも便利で、男性にも人気があるビッグサイズです。

また、バーキン40は使われているレザーの面積も広いため、とても希少性が高いです。

バーキンの中でも中古品、新品ともに流通数が少ないレアなサイズと言えます。パートナーと一緒に使うなど、女性の普段使いは難しくても男性が使うバッグとしては人気が高いです。

バーキンの価格は今後さらに上がっていく

バーキンは年々需要が高まっており、中古市場でも金額が高騰していいます。

もともとブランドバッグの憧れ的存在として、不動の地位を確立していたアイテムですが近年は特に価格面の課題から、ますます中古需要が高まっている状況です。

特に今は円安の影響で、海外ブランド品は値段が上がっています。もしバーキンの購入を検討しているのであれば、これからも値上がりが予想されるため早めに購入しましょう。

その代わりに中古市場では、高価買取ができるのです。まねきやではエルメスのバーキンの買取を強化しています。

お客様の思い出が詰まったバーキンをていねいに査定し、ご納得いただける買取価格をお約束します。

多少傷や汚れがあるものや、カデナなどのパーツがないバーキンも買取可能です。

他店では買取を断られてしまったバーキンも当店なら、世界市場での取引があるため買取できる可能性が十分にございます。

 

ぜひ処分する前に、バーキンの査定をまねきやにご依頼ください。これまでのバーキンの買取実績など、エルメスに関する詳細は次のページをご覧ください。

 

写真を送ってあっという間に査定!
LINEで簡単査定

無料通話

お気軽にお問い合わせください

0120-213-213

(受付:9時〜21時 無休)

この記事の監修者

水野 政行 | 株式会社水野 代表取締役社長

高価買取専門店 まねきや 最高責任者・鑑定士

今まで 54,750点以上の査定実績。
金・貴金属・宝石全般、ロレックスなどのブランド時計、ブランド品全般、切手、古銭、絵画、骨董品全般の査定を得意とする。
2021年より自社ブランドである「高価買取専門店 まねきや」をリリースし、全国に展開。 「売るはめぐる」をコンセプトにした、買取専門店である当店を一人でも多くの方に体感していただくために、私の約15年間の業界経験の全てを注ぎたいと思っております。