金・宝石・ブランド買取なら高価買取専門店「まねきや」へ

金・宝石・ブランド買取なら
高価買取専門店「まねきや」へ

フリーダイヤルアイコン0120-213-213

受付時間 9:00〜21:00 ※LINE査定は24H受信可

  • tel icon
  • line icon
  • privacy icon
受付 9時~21時  ※LINE査定は24H受信可

リーマンショックとは?誰でも簡単にわかりやすく解説

2023.06.25

リーマンショックという言葉は、ニュースを見ているとよく耳にする機会があります。
しかし、リーマンショックという言葉は知っていても、具体的な意味はわからないという方も多いのではないでしょうか?
この記事ではリーマンショックとは何か、日本への影響はどんなことがあるのかわかりやすくご説明します。 そしてリーマンショックが起きたときに、上昇する金相場の秘密についてまとめています。今後金の資産運用を考えている方もぜひチェックしてください。

リーマンショックとは


リーマンショックは2008年の9月に、アメリカの投資銀行リーマンブラザーズが破綻したことで広がった世界的な金融不安のことです。
リーマンブラザーズは世界に影響を与えるほどの有力投資銀行だったため、破綻したことで株価の下落が続き、世界中を巻き込んだ同時不況を起こしたのです。

サブプライムローンの問題点とは

リーマンブラザーズが破綻するきっかけになったのは、サブプライムローンによる負債が大きくかかわっています。
リーマンブラザーズは低所得者向け住宅ローンのサブプライムローンの証券を販売しました。 しかし、債務者が住宅バブル終了の影響で返済できなくなってしまった結果、リーマンブラザーズは経営継続が困難な状況に。
住宅バブルが弾けた結果なんと約64兆円もの負債をかかえることになったのです。 その結果リーマンブラザーズは破綻して世界的不況を招いたと同時に、連鎖的にほかの大手金融機関の経営危機にまで発展しました。

リーマンショックの日本への影響とは

リーマンショックは日本にまで影響を及ぼしました。たとえば日経平均株価は、日本のバブルが弾けてしまったあとよりもさらに安値の水準を記録しました。日本の貿易最大国がアメリカであることも大きく影響し、輸出関連に携わる企業は大きな打撃を受ける結果になったのです。
その結果、日本の企業でも派遣切りが多発し社会問題に発展していきました。この影響はリーマンショックから数年続き、なんと1万5千件もの会社が倒産したとまで言われています。 さらに金融機関に対しても、ほかの大きな銀行も突然倒産するかもしれないという不安から、お金を引き出す人が増え、預ける人が一気に減少しました。すると銀行そのものにお金がなくなり、企業が資金を借りることができず資金繰りに大きな問題が出たのです。

リーマンショックが起きたとき金の価値は上昇している


リーマンショックが起きたとき、世界的不況が起きた中で金の価値は大幅に上昇したことをご存じですか?これは不況になると現物資産の需要が高まり、価値が高騰するためです。金は現物資産であり一度購入すれば手元に残るもので、その後の景気の状況によっては購入時よりも高く売って利益が発生する可能性が高いものです。
金は特に天然の資源であるため、今後希少性が高まることが予想されます。実際に金の市場価値は年々上昇し、早く購入すればするほど後に売却するときには大きな利益が発生する可能性が高いのです。 リーマンショックだけでなく、アメリカ同時多発テロのときにも、世界的な事件が起きたという不安から金の買い手が殺到し、価値が大幅に上昇した歴史があります。

今後の不景気の際にも金の価値は上がる?


今後の不景気の際にも、金の価値は上がると予想されます。なぜなら2022年のロシアによるウクライナ侵攻で、金の価格はどんどん上昇しています。 2021年頃が6,000円台だった金の価値が、2023年現在は9,000円後半にまで上昇しています。たった2~3年でここまで金の価値が上がったのは、市場取引がはじまってから最高レベルです。
また、最近は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、経済不安が募ったことも影響し2020年代は金の価値が上がり続けているのです。実際に日本でもコロナ不況と呼ばれ、金の価値が上昇する中でも外食産業やホテルなどの観光産業は大打撃を受けてしまいました。
2023年現在、新型コロナウイルスの警戒レベルが低下したことで、旅行しやすい環境にはなったものの、コロナがない世界だった頃のような状況には戻っていません。 ロシアのウクライナ侵攻も引き続き行われており、今後は中国経済や中東の原油価格なども影響してくると予想されます。

金の資産運用は売却のタイミングが大切


しかし、金は希少価値が高いと言っても必ず価値が大幅に上がるとは断言できません。金に変わるような資源が発見されるなど、何らかの大きな世界的変化によって、今の金の価値が継続する保証はないのです。
それゆえに金は購入してずっと寝かせるのではなく、売りどきを見極めることがとても大切です。 具体的には、一定価格以上になったら売ると決めておいたり、購入から何年以内に手離したりと、自分の中でルールや基準を決めることが大切です。 金は現物資産であり、持っているだけでは利益が生まれません。あくまでも利益が出るタイミングで売却してはじめて価値があるため、取り扱いには注意しましょう。

まとめ

リーマンショックとはリーマンブラザーズの破綻によって広がりを見せた、世界的な経済不況のことです。
2009年に起きた結果、そこから数年にわたり日本の経済にも大きく影響を与えました。 投資家や企業だけでなく、その経営不振になった企業で働いていた派遣の人々も契約が切られてしまい、生活がままならないといった社会問題に発展したのです。そんな中でも金の価値は上昇し、経済不安にともなって買い手の数が増えていくという特徴があります。
最近ではロシアのウクライナ侵攻によって、金の価値がますます上昇しています。金の価値は今後も上がるとは予想されますが、いつまでも寝かせているうちに価値が下がる可能性も十分にあります。 だからこそ、価値が上昇している今の段階で売却を検討してみてはいかがでしょうか? 金の売却は一定額以上の利益が出ると、控除対象外になり税金が発生します。それゆえに、数年にわたって売却するなど分割する必要が出てくることもあります。
早めに金貨や金のインゴットをはじめ、貴金属の品物があればお売りください。まねきやではベテランの鑑定士が金の純度を機械とともに判定したうえで、正しい価値での買取をお約束します。 店頭買取だけでなく、出張や宅配買取も承っているため、お気軽にご相談ください。 まねきやの金の買取に関する詳細は次の通りです。
 

写真を送ってあっという間に査定!
LINEで簡単査定

無料通話

お気軽にお問い合わせください

0120-213-213

(受付:9時〜21時 無休)

この記事の監修者

水野 政行 | 株式会社水野 代表取締役社長

高価買取専門店 まねきや 最高責任者・鑑定士

今まで 54,750点以上の査定実績。
金・貴金属・宝石全般、ロレックスなどのブランド時計、ブランド品全般、切手、古銭、絵画、骨董品全般の査定を得意とする。
2021年より自社ブランドである「高価買取専門店 まねきや」をリリースし、全国に展開。 「売るはめぐる」をコンセプトにした、買取専門店である当店を一人でも多くの方に体感していただくために、私の約15年間の業界経験の全てを注ぎたいと思っております。