金・宝石・ブランド買取なら高価買取専門店「まねきや」へ

金・宝石・ブランド買取なら
高価買取専門店「まねきや」へ

フリーダイヤルアイコン0120-213-213

受付時間 9:00〜21:00 ※LINE査定は24H受信可

  • tel icon
  • line icon
  • privacy icon
受付 9時~21時  ※LINE査定は24H受信可

金の750の意味とは?刻印や本物の見分け方について解説

2024.06.12

金のネックレスなどに「750」という数字が刻まれている商品があります。金の純度といえば「K18」などが有名だからこそ、750という数字は偽物なのか気になってしまう方もいるのではないでしょうか。

この記事では金の750の意味をはじめ、金にまつわる刻印についてご紹介します。

本物との見分け方も解説するため、ぜひコレクションのジュエリーをチェックしてみてはいかがでしょうか。

金の750の意味とは

金の750はジュエリーや貴金属製品における金の純度を示す刻印です。

750は1000分の750が金であることを意味し、つまり75%の金が含有されていることを表します。これは18金(18K)と同じ意味であり、決して偽物ではありません。

この750という表記は、海外製の金製品に多い刻印です。金は24分率によって純度が刻印されるケースがほとんどであり、日本をはじめ世界的に18金はK18、純金はK24と表記されています。

しかし、実は金製品にまつわる表記はさまざまな種類が存在します。金の750の刻印だけに限らず、金を意味するマークや、海外製品に多い18Kといった、Kが後ろにつく刻印の金製品も存在します。

ただし気をつけたいのは、海外製の中には実際に75%もの金が含有されていない、質が低い金製品もあります。購入する時には刻印だけで判断せずに、あくまでも1つの目安として考えてきちんと本物であると証明されている信頼できるお店から購入しましょう。

金の刻印の意味とは

金の刻印は複数の種類があるため、購入時や売却時に見分けるポイントとして意味を知っておくと安心です。

金の純度、色味、そして造幣局が作っているホールマークなど、デザイン別での意味をご説明します。

金の純度を表すもの

金の刻印には、純度を示すために数字が刻まれています。例えば「750」は18Kを意味し、「58.5」は14K、「91.6」は22Kを示します。

また、K24の純金は「9999」の数字の刻印が打ってあるため、確認しておきましょう。また、ジュエリーによっては750と18Kを両方表記しているタイプもあります。

細いチェーンや繊細なモチーフのアクセサリー、指輪などには、刻印がないケースもありますが、保証書や鑑定書、または値札には750などの数字や18Kといった表示があるタイプも存在します。

金の色味を表すもの

金の刻印は純度だけでなく、色味も示すことがあります。例えば、ホワイトゴールド(白金)やローズゴールドなどは、合金の成分により色味が異なるため、見た目だけで純度を判断することはむずかしいです。

一般的に金の純度が高いものは、黄色がかった見た目が特徴です。あえてホワイトゴールドは、純金75%とパラジウムなどの金属25%を混ぜることで、独特のシルバーのような輝きの色味を再現しているのです。

そのため、刻印には金の色味を表現するために「YG」の「イエローゴールド」、「WG」の「ホワイトゴールド」、そして「ピンクゴールド」の「PG」などがあります。たとえば、K18の純度であるピンクゴールドのアクセサリーなら刻印は「K18PG」と表記されています。

ホールマーク

ホールマークは、国や地域ごとに定められた品質保証の刻印です。各地域の造幣局などが発行するマークで、造幣局は第三者の立場となり、貴金属製品の製造や販売をしている事業者からの依頼を受けて、金品位の試験を行うのです。

この試験に合格した製品に限り、ホールマークを刻印できるのです。つまり造幣局が金の品質を認めた製品の証である信頼できるマークなのです。

このホールマークは、製品製造業者だけに限らず消費者からも信頼されている証です。

金メッキを表すもの

金メッキ製品には、メッキの厚さや使用されている金の純度を示す刻印があります。

GF:金張り。通常の金メッキよりも8層が厚いため、金の発色も良く摩耗に強いです。

GP:真鍮にニッケルで下地メッキをしたうえに、薄い金の膜を電解メッキしたもの。記念品の金杯、ネックレス、カフスなどによく使われます。

M / 1M / 3M / 5M:Mはミクロンのことであり、数字が大きいほど金メッキの厚みがあります。

GS:Gold shelled=金張りの略です。

金以外の金属にも刻印はある

金だけでなく、プラチナやシルバーなど他の貴金属にも純度や品質を示す刻印があります。

刻印によって素材と純度を確認できることで、金と同様に売却時などに価値を判断する1つの基準になるのです。

例えば、プラチナには950、シルバーには925の刻印が一般的です。

金に750の刻印が入っていても偽物の可能性はある?

金に750の刻印が入っていても、必ずしも本物であるとは限りません。

なぜなら金は高価な品物だからこそ偽造品も多く存在します。そのため、金製品の刻印だけでは本物かどうか、また表記通りの金純度であるのかを判断できない場合があります。

特に信頼性の低い販売業者から購入した場合は、品質が悪い可能性も高いため十分注意が必要です。いざ売却する時に、実は金メッキでほとんど金製品としての価値がなかったという結果にもなりかねません。

後悔しないためにも、ぜひ金製品に関しては信頼できる業者を選ぶように心がけましょう。

偽物を見分けるなら買取業者の査定がおすすめ

金製品の本物かどうかを確認するには、専門の買取業者に査定を依頼するのが最も確実です。

買取業者は専門知識と機器を持っています。ただ見た目だけでは判断できない金純度も、専門の機器を使うことで正確に分析できるのです。

金製品を傷つけることなく、金純度を調べられるため、まずは鑑定に出したうえで買取するかどうかを判断しましょう。きちんと信頼できる買取業者からいったん 査定を受けることで、安心して取引を進められるメリットもあります。

金の買い取りはまねきやがおすすめ

高価買取専門店まねきやは、多種多様な金の買取に豊富な実績を持っています。

専門知識を持った鑑定士が、一つ一つ丁寧に査定を行い、金の価値を正しく鑑定しますので安心してお任せください。

買取価格が高い

まねきやは業界最高水準の高価買取を実現しています。その理由は、市場価値を踏まえた適正な価格での買取を心がけていることと、海外にも販路を持っているためです。

だからこそ、他社と比較しても満足のいく価格で買取してもらえることが多いため、多くのお客様から信頼を得ています。

LINEで簡単査定が可能

まねきやは店頭、宅配、出張買取のほかに、LINE査定もご好評いただいております。

LINE査定の特徴は場所を選ばずに、だいたいの査定額がすばやくわかる点です。

当店をおともだち追加していただいたら、トークからお売りいただく予定の品物の写真を送っていただくだけで、その写真の状態をもとに買取価格をご案内いたします。

実際に品物を手にとって査定する場合と比べると、正確な鑑定はむずかいしいですがおおよその価格はわかるため、目安として事前に査定額を知りたい方に便利です。

もちろんLINE査定は無料で24時間365日受け付けております。当日中、または翌営業日内までにはご返信いたしますので、お急ぎの方にもおすすめです。

また、LINE査定をご依頼いただく際には、複数の角度から撮影した写真や、ご購入した時期、ブランドなどの情報もご記載いただくと、さらに正確な鑑定額をご案内できます。

まとめ

金の高価買取が続いている今こそ、ぜひご自宅に眠っているコレクションや、身につけなくなった金のジュエリーがあればお売りください。

まねきやでは金のインゴットをはじめ、金、貴金属を使ったアクセサリーなども幅広く買い取りしています。また、工業用の板金、金歯など、他店では買取できないところもある専門性の高い金、貴金属の買取も可能です。

買取方法も店頭、宅配、出張からお選びいただけるほか、LINE査定もいつでも無料で承っています。ぜひ金の価格が高騰している今こそ、お手持ちのコレクションを査定してみてはいかがでしょうか。

まねきやの金、貴金属買取の詳細は次の通りです。

あなたにオススメのまねきやコラムはコチラ!!
  1. 金の見分け方とは?簡単な方法から確実な方法まで紹介
  2. 年号によって100円玉の価値が変わる?プレミア価格のつく硬貨を解説
  3. 古銭を高価買取したい方必見!高く売るためのポイントとは?

 

写真を送ってあっという間に査定!
LINEで簡単査定

無料通話

お気軽にお問い合わせください

0120-213-213

(受付:9時〜21時 無休)

この記事の監修者

水野 政行 | 株式会社水野 代表取締役社長

高価買取専門店 まねきや 最高責任者・鑑定士

今まで 54,750点以上の査定実績。
金・貴金属・宝石全般、ロレックスなどのブランド時計、ブランド品全般、切手、古銭、絵画、骨董品全般の査定を得意とする。
2021年より自社ブランドである「高価買取専門店 まねきや」をリリースし、全国に展開。 「売るはめぐる」をコンセプトにした、買取専門店である当店を一人でも多くの方に体感していただくために、私の約15年間の業界経験の全てを注ぎたいと思っております。