金・宝石・ブランド買取なら高価買取専門店「まねきや」へ

金・宝石・ブランド買取なら
高価買取専門店「まねきや」へ

フリーダイヤルアイコン0120-213-213

受付時間 9:00〜21:00 ※LINE査定は24H受信可

  • tel icon
  • line icon
  • privacy icon
受付 9時~21時  ※LINE査定は24H受信可

ロレックスマラソンとは?意味と完走する6つのコツを解説【高価買取なら今】

2022.10.05

「ロレックスマラソン」という言葉をご存知ですか?ロレックスは人気の高級時計ブランドとして、世界中で圧倒的な知名度を誇っています。

日本でも多くの人々が憧れる時計であり、ロレックスを買い求める人が後を絶ちません。 そんなロレックスの人気から生まれた、ロレックスマラソンとは欲しいロレックスの腕時計を買い求めるため、何回も来店するという日本独自の文化です。

この記事ではなぜ日本でロレックスマラソンが生まれたのか、その背景をご紹介します。またロレックスマラソンを完走するために知っておきたいコツなども解説します。またロレックスはマラソンが流行するほど、今需要が高まっており高価買取のチャンスです。

ロレックスマラソンについての解説と、今ロレックスの売りどきであることも、くわしく説明していますので、ぜひ最後までお読みください。

「ロレックスマラソン」の意味とは?

「ロレックスマラソン」とは、ロレックスを買うために数多くの店舗をめぐること、または同じ店舗に何度も通うことを意味した言葉です。

ほしいロレックスのモデルを購入することがゴールであり、まるでロレックスを求めてお店を次々とめぐる様子からロレックスマラソンと表現されるようになりました。ロレックスマラソンは、日本だけの文化と言われています。

ロレックスは世界的に有名なブランドですが、購入のために何店舗もめぐるのは日本独自と言われており、とてもめずらしい現象だと言われています。

そんなロレックスマラソンという言葉が生まれるほど、現状ロレックスの人気モデルは入手しづらく、欲しくても購入できるまでに何か月どころか、年単位で出会えないといった体験談もあるほどです。 まずは、なぜ日本でロレックスマラソンが生まれたのかその歴史と理由、そして完走することの難しさについてご説明します。

ロレックスマラソンの歴史

ロレックスマラソンの歴史は、ここ数年でその名前が知られるようになった言葉です。ロレックスは日本の店舗で入荷する数がとても少なく、さらに公式サイトでの通販も実施していません。

そのため、都心を中心に各地にあるロレックスの店舗に、ほしいモデルがなければ基本的に新品を購入することは難しいことが現状です。

中でもスポーツモデルのデイトナやサブマリーナー、エクスプローラーといったアイテムは、世界的にも人気が高く日本でも同様に滅多にお目にかかれないモデルが多数あります。

すでに中古市場でも、需要に対する供給の少なさから販売価格の数倍以上の値段がつくこともめずらしくないのです。実際に市場の品薄が続く中、ほしいロレックスを買い求めるために何度も店舗に足を運んでいるというロレックスファンは多くいます。

このロレックスマラソンの様子を記録しているブログやSNSアカウントも増えており、ロレックスマラソンという言葉がファンの間で浸透してきました。

ロレックスマラソン経験者の体験談を見ると、運よく数店舗の訪問で買えたという成功体験もあれば、もう100回近く通っているのにお目当てのモデルに出会えないといった声までさまざまです。

ロレックスマラソンの完走は難しい

実はロレックスマラソンのむずかしさは、通販がなく公式店舗の数が限られているだけではありません。実はロレックスの在庫がお店にあったとしても、店員の判断によって販売しないというケースもあるからです。

なぜならロレックスはコピー品が多く、さらに転売目的に購入する人がいることから購入制限があります。たとえば正規店で購入する場合は次のルールがあり、なかなか購入したくてもできない人が多くいるのです。

  • 指定のモデルは1人1点限りの購入
  • 指定のモデルの別コレクションの購入は前回から1年間できない
  • 指定モデルの同一コレクションの購入は前回から5年間できない
  • 購入時には身分証の提示が必要

このように、同じモデルのコレクションは続けて購入できない、さらに同じロレックスの腕時計になると5年間入手できません。

身分証の提示も必要になることから、品薄なうえ購入までのハードルが高いため、ロレックスマラソンをしなければ欲しいモデルをすべて入手することが難しいのです。

上記のルールをクリアしていても、転売目的による購入かを見極めるために、正規店では販売する客を選んでいます。

転売しそうな雰囲気がある人や、新規のお客様で素性がよくわからないといったケースでは、ごく少量のロレックスのモデルが入荷していても、基本的にそのまま店頭には並びません。 何度も同じ店に通い、真剣にロレックスが欲しいこと、転売目的ではなく信頼できる客であると証明できてはじめて、店頭には陳列されていないものの在庫として店舗にあるモデルを販売してくれる可能性があるのです。

特に人気のデイトナといったスポーツモデルは、店頭にそのまま陳列されることはめったにありません。スポーツモデルを正規店で買うのなら、現状日本ではロレックスマラソンが必須の状況になっているのです。

ロレックスのスポーツモデルのマラソンを完走するコツとは?

ロレックスのスポーツモデルは、マラソンを続けていてもなかなかお目にかかれない、完走できないといったブログやSNSの投稿が多くあります。

少しでも早くお目当てのモデルを入手するために、マラソンを完走するためのコツを知っておきましょう。 ポイントはずばり時間帯や服装、そして店員から信頼を得られる行動をとること。マラソンを完走するために知っておきたい、6つのポイントについてくわしくご説明します。

コツ1.平日を狙う

ロレックスマラソンをするには、混んでいる曜日や時間はできるだけ避けていきましょう。平日の中でも天気があまりよくない日は、客の出入りが少なくなる傾向にあるため、店員と会話しやすいです。

土日の混雑中は店舗でじっくりと商品を探す時間がとれにくく、新しく入荷するものもすぐに売れることが多いです。そのため、ていねいに接客してもらいやすい平日を狙いましょう。

コツ2.時間帯は昼間がおすすめ

ロレックスマラソンにおすすめの時間帯は昼間です。平日昼間はもっとも客が少なく、夕方と比較して店員とじっくり会話できる機会があります。

ただし、連休中は朝のオープン前から並んでいることもめずらしくないため、たとえ平日でもゴールデンウィークやシルバーウィークの期間は、あまりロレックスマラソンに適していないタイミングです。

コツ3.スーツやジャケットなど清潔感のある服装で通う

ロレックスマラソンは、清潔感のある服装を心がけることが店員からの信頼を得るコツです。身だしなみは第一印象を決める重要な部分であり、転売目的として来店したのではなく純粋にロレックスを買い求めにきた客だとアピールできるポイントになります。

ロレックスは高級時計ブランドのため、そもそもTPOをわきまえた清潔感のある服装をすることも1つのマナーです。スーツのフォーマルなスタイルはもちろん、休日に来店するときも髪を整えてジャケットを羽織っていくことをおすすめします。

また、もしロレックスを持っているのなら、あえて身に着けた状態で来店しましょう。転売目的ではなく、昔からのロレックスユーザーだと店員に見てもらえれば仲良くなるきっかけになり、信頼獲得につながっていくことでしょう。

コツ4.家族をいっしょに連れていく

ロレックスマラソンで成功した体験談で見かけるのは、あえて妻や子供といっしょに来店するという方法です。1人で来店するよりも家族連れで行くことで信頼を得やすく、転売目的ではなく純粋なショッピングだとアピールできるのです。

特に家族連れで来店した場合は、家族とのペアでの購入やほかの人へのプレゼントとして複数本を購入する客が多いため、お店にとっても多くのメリットがあります。

そのため、一人で来店するよりも接客してもらいやすく、希望に沿ったモデルを出してもらえる可能性が高まります。 もちろん一人で行ってもいつか完走することもできますが、なかなか欲しいモデルに出会えないとお悩みの方は、あえて複数人で行って店員にアピールしてみてはいかがでしょうか。

コツ5.なぜ購入したいのか理由を店員に伝える

ロレックスマラソンは、店員と仲良くなってどうしてロレックスが欲しいのか知ってもらうことや、購入したい熱意が伝わることも大切です。

たとえば、せっかく在庫を確認したものの、ほかのモデルと迷っていて購入を後回しにしてしまった、予算と合わずに買わないことにしたといった選択は、店員にとっても接客にかけた時間がムダになることにつながります。

購入したい具体的な理由を説明したうえ、さらにスポーツモデルの中でもこのモデルがほしいといった具体的な希望を絞っておくことがとても大切です。

このモデルであれば必ず購入するという意志を伝えるほか、予算はこれくらいだとあらかじめ店員に伝えておくと、予算の都合で購入できないといった事態を防げます。

また、誕生日を記念して家族にプレゼントしたいといった相談や、自分の誕生日のお祝いに御褒美としてロレックスのスポーツモデルがほしいといった、なぜ購入したいのか理由をはっきりと伝えて、覚えてもらうこともロレックスマラソン完走の近道になります。

購入した後のメンテナンスについてなど、オーバーホールの費用など実際に腕時計を管理するときの話を聞いておくことも転売目的ではないことのアピールにつながります。

コツ6.同じ店舗に何度も通って顔を覚えてもらう

ロレックスマラソンは複数の店舗をめぐるだけでなく、同じテンポに足繫く通って店員に顔を覚えてもらうことが完走につながるルートもあります。

同じ店舗に何度も通うことで、店員に対して「ロレックスのこのモデルがほしい」という熱意が伝わります。 顔を覚えてもらっておけば、実際にそのモデルが入荷したときに優先的に在庫を確認してもらえる可能性もあります。

ロレックスは転売目的が多いからこそ、売る相手を見極める傾向が強いブランドです。だからこそ、一度でマラソンを完走しようとするのではなく、何度も通って入手することを目標にしましょう。

新しいコレクションを買うためロレックスの売却を検討しよう

ロレックスは現物での資産と言われており、価値が下がりにくくモデルによっては販売価格の何倍もの値段がつけられるものもあります。そのため、新しいモデルを購入するために、すでに持っているロレックスを売却する方も増えています。

特にデイトナをはじめとするスポーツモデルは軒並み高騰が続き、特にコロナ禍の影響により価格が一気に上昇したモデルもあります。

過去に購入したものの、使っていないロレックスのモデルがあれば、高価買取の大チャンスです。 数年前と比較して、モデルによっては入荷数が安定し価値が元に戻りつつあるモデルも増えてきました。

また、ロレックスマラソンを完走しやすいモデルもあり、普段よりも高く売れる機会が減ってくる可能性があります。 もし新しいロレックスなどのブランド品の購入を検討していて、資金を獲得したいという方は、今年のうちにロレックスを売却してはいかがでしょうか。

ロレックスの高価買取ならまねきやにお任せください

ロレックスの売却をお考えなら、実績豊富なまねきやにご依頼ください。まねきやはロレックスをはじめとする高級腕時計の査定、買取を承っています。 買取方法は店頭買取はもちろん、宅配買取、出張買取もお任せください。

出張買取は直接査定員がご自宅にお伺いしたうえで、1点1点品物を査定します。買取価格にご納得いただければ、その場で現金買取ができます。 ご希望であれば振込もできるため、お客様の状況に合わせた買取方法をご提案します。

また宅配買取は、高価なお品物も安全にお店まで届くように専用のジュラルミンケースによる宅配キットをお送りしています。ジュラルミンケースは頑丈なうえ、さらにGPSを付けているため今どこにあるのかすぐにわかります。

ロレックスをはじめ、高価なブランド品の宅配買取もぜひまねきやにお任せください。 まねきやでは定期的にブランド品の買取価格アップキャンペーンを実施しています。これまでにロレックスであれば、買取価格の上乗せをしており、たとえばスポーツモデルであれば5万円プラスされるといった、高価買取キャンペーンを定期的に行ってきました。

他店よりも査定が安かったという場合は、ぜひまねきやにお気軽にご相談ください。他店よりもご納得いただける価格で買取できるよう精一杯スタッフ一同努力いたします。

これまでのロレックスの買取実績や買取方法に関する詳細については、まねきやの下記のページをご覧ください。